シューズフルヤプロデュース、DREAM-K(ドリームケー)販売婦人靴|日本製、外反母趾対応、厳選された牛革のこだわりをご紹介します。

  • シューズへかける想い
  • 究極シューズへこだわりと技術力
  • 履き心地のヒミツ
  • シューズ完成まで
  • オンラインショップ
  • サイズ表
  • HOME
  • 究極シューズへのこだわりと技術力

究極シューズへこだわりと技術力

メイド・イン・ジャパンへのこだわり

メイド・イン・ジャパンへのこだわり

DREAM-K(ドリーム‐ケー)の靴は、創業以来、自ら企画して製造を行う神戸では数少ない「企画提案型」の靴です。すべての加工を自社で行う、まさにメイド・イン・ジャパンの靴です。

日本で主に洋式の靴が履かれるようになったのは、江戸時代末期から明治時代初期の頃。イタリアやドイツといったヨーロッパ諸国に比べ、その歴史は浅いため、靴にまつわる生活習慣や文化にも、さまざまな相違点があります。

欧米人が家でもルームシューズを履くのに対し、日本では家の中では靴を脱いで素足で行動する点もその一例です。欧米人と日本人では歩き方も若干異なるため、足に合った靴の型も欧米人と日本人では異なってくるのです。
デザインに惹かれて購入したイタリア製の靴が、日本人の足に合わないのはこのためです。

DREAM-Kのモットーは、イタリアの伝統的な靴の製法技術やデザインの美しさは残したままで、日本人の足に合った靴を作ることです。華麗で繊細なデザインながらも、日本が誇る独自の靴の製法を踏襲した、オリジナルの靴を生み出してまいります。

素材へのこだわり

オリジナルの靴作りにこだわっている当社では、もちろん素材にもこだわっています。
靴の要となる素材には、イタリアから取り寄せた上質の牛革を使用。
日本製の素材では実現できない、発光性の良さと繊細な色づかいで旬のスタイルに合わせた靴をご提案します。
他にも、インドの伝統工芸を用いた手編みの素材や防水性の高い素材など、デザインや用途に合わせて様々な素材を豊富に取り揃えています。

デザインへのこだわり

靴のデザインは、当社の社長自らが担当しています。
機能性はもちろん、トレンドも取り入れたデザイン。
おしゃれを楽しみたい大人の女性やミセスに支持されるような靴づくりのために、日々奮闘しています。流行に敏感なお客様にご納得いただけるように、DREAM-Kではさまざまな調査を実施。現代の女性のニーズやトレンドを調査し、一足の靴を作り上げるために、何パターンもの靴の型をデザインするなど、試行錯誤の連続ですが、その妥協なき姿勢こそ、DREAM-Kの強みと自負しています。

機能性へのこだわり

DREAM-Kでは、独自の技術を駆使した画期的な靴の発信も行っています。
その一つがビジネス用の女性靴です。
「オフィスで働く女性のための靴」という意図で作られた靴は、
折れたり曲げたりねじったりしても、元のフォルムに戻るような
加工を施しているのが特徴です。
どんなに動いても、しなやかな履き心地を体感できるだけでなく、
クッション性の高い立体の低反発ソールをかかとまで入れることで、
足裏にすき間を作らせない安定感抜群の疲れにくいソールを実現させました。
このシリーズを開発するにあたり、約1年の歳月がかかりましたが、
実際に履いていただいたお客様からの「柔らかくて、
凄く履きやすい」というお言葉が何よりの喜びです。

技術の研鑽とこだわりの追求に努めてまいります。
このページの上部へ